知っていると得する車検の予約方法

車を所有している人は、定期的に車の法定点検を受けなければなりません。これは日本で車を所有している人には義務として科されるものです。ただし例外があり、車を所有していても動かさない場合や私有地を走っているだけであれば問題ありません。つまり公道を走らなければ定期点検を受ける必要がないということです。このような例外はあるものの、車を所有する人のほとんどは公道を走るために購入するわけです。つまりほとんどの人にとっては車検を受ける義務があるといっても過言ではありません。車検をわざわざ受けなければならない理由は、車の整備不良によるアクシデントをなくすためです。もちろん税金を取るという理由もあるかもしれませんが、一番の理由はアクシデントを減らすことなのです。では車検を安く受ける方法はないでしょうか。

車の定期点検費用の費用について

車の法定点検を実施する場合、法定費用に関しては各車によって固定されていますのでこれ以上安くすることはできません。法定費用の中には重量税というものがあります。この重量税は車の重さによって、また車の古さによって金額が変わってきます。重さについては、軽自動車の場合であれば、一番安く設定されていますが、2トン以上ある車の場合は高めに設定されているのがポイントです。コンパクトカーと軽自動車でも1万円以上の違いがあるのが特徴です。また年式によって重量税の加算が変わってきます。年式とは13年を経過して車を乗り付けている場合は、費用が高くなってしまいます。このように年式が古い車に高い重量税を課しているのは、古い車を早く乗り捨てて新しい燃費のいい車を買いなさいという意味にもとれます。

予約をする段階で費用を安くすることができる

法定費用についてはどこの業者に頼んでも金額は変わりませんが、それ以外の費用については安くすることができます。つまり業者の取り分の部分です。ディーラーなどは法定費用以外に4万円の費用がかかることが多いです。これは優秀な整備士を抱えているからという理由もあります。これに対してガソリンスタンドやカー用品店で受ける法定定期点検は、業者の取り分が安く設定されています。ただし整備士の腕はまちまちですので、とにかく安く済ませたいという人はぜひガソリンスタンドやカー用品店で法定定期点検を受けていましょう。業者にもよりますが、予約を事前に入れることで安く済ませることもできます。車の法定点検を行う会社はたくさんあり、お客さんの奪い合いになっているのが現状です。そこで予約制度を作り、1か月前から予約している人には何パーセント割引という形で割引が適用されます。