車検予約のちょっとしたポイントを紹介

日本では車を購入する人が少なくなってきています。国全体で走っている車の数や登録されている車の数は10年ぐらい前から比べると多少減ってはいるものの、それほど大きな違いがあるわけではありません。車の保有数は変わらないのに、車に乗っていない世代が多いのは、昔に比べると高齢者ほど車に乗っており、若い世代ほど免許を持っていても車を保有していない傾向があるからです。これは日本の各世代の資産について考えるとわかりますが、若い世代はほとんどお金を持っていないため車を保有することができないのです。車を保有するためには維持費が必要ですが、維持費の多くは税金や車検費用にかかります。では車検費用はどれくらいかかるのでしょうか。また安くする方法はないでしょうか。

どれくらい費用がかかるかを知っておく

車を購入する場合にはそれなりの費用がかかりますが、新車の場合は3年に一度、それ以外の車の場合は2年に一度法定の定期点検を受けなければなりません。法廷の定期点検を受ける場合には、軽自動車であれば6万円ぐらいの費用がかかります。1年当たり2万円から3万円ぐらいの出費です。ワンランク上のコンパクトカーになると、8万円ぐらいの費用と考えておけば間違いないでしょう。軽自動車とコンパクトカーで2万円の差が出るため、あえて軽自動車を購入する人が増えてきているのです。コンパクトカーよりも上の車であれば、車検費用は当然高くなります。セダンやミニバンなどでは10万円を超えることがあります。さらにその上の重量が重い高級外車や高級国産カーになると12万円から14万円ぐらいになるでしょう。

予約を工夫すれば安くすることができる

車検の費用をできるだけ安くしたい場合には2種類の方法があります。一つはガソリンスタンドやカー用品店で法定定期点検を受けることです。車のディーラーなどで法定定期点検を受けるよりも2万円ぐらいは安くなると考えられます。これはディーラーなどに比べると、整備士のではまちまちだからという理由もありますが、後発組だからという理由が大きいでしょう。もう一つ安くする方法は予約を入れることです。予約といっても 1週間前に予約をするものではなく、1か月以上前に行えば、1割引にしてくれる業者も多いです。なぜそのようなことが起こるかといえば、法定定期点検をする業者が多いからです。できるだけ早い段階でアポイントを取っておき、ほかの業者にとられないようにすることが目的です。